色々でべろっぷ

WordPress、サーバー構築、プログラム等のメモ

Wordpressのパスワード保護ページをカスタマイズする

「このコンテンツはパスワードで保護されています。
閲覧するには以下にパスワードを入力してください。」というテキストを編集する。
functions.phpに下記のコードを追加。

下の例は
・1ページ表示の時 と 一覧表示の時で見た目を分けている
・一覧表示の時にはURL表示

functions.php

function my_password_form() {
  $form = '';

  if(is_single()){
    $form = '<p>このコンテンツはパスワードで保護されています。<br>閲覧するには以下にパスワードを入力してください。<p>
    <p class="redline">&diams;パスワードの取得方法&diams;<p>
    <p class="red">すぐ下にあるバナーをクリックしていただき<br>メールアドレスを入力の上、メールマガジンに<br>ご登録していただくとすぐパスワードを通知します。<p>
    <form class="post_password" action="' . home_url() . '/wp-login.php?action=postpass" method="post">
    <input name="post_password" type="password" size="24" />
    <input type="submit" name="Submit" value="' . esc_attr__("パスワード送信") . '" />
    </form>';
  }else{
    $form = '<p>このコンテンツはパスワードで保護されています。<br>閲覧するには以下にパスワードを入力してください。<p>
    <p class="redline">&diams;パスワードの取得方法&diams;<p>
    <p class="red">すぐ下にあるURLをクリックしていただき<br>メールアドレスを入力の上、メールマガジンに<br>ご登録していただくとすぐパスワードを通知します。<p>
    <a href="http://なんとか/" target="_blank">http://なんとか/</a>
    <form class="post_password" action="' . home_url() . '/wp-login.php?action=postpass" method="post">
    <input name="post_password" type="password" size="24" />
    <input type="submit" name="Submit" value="' . esc_attr__("パスワード送信") . '" />
    </form>';
  }
  return $form;
}
add_filter('the_password_form', 'my_password_form');