色々でべろっぷ

WordPress、サーバー構築、プログラム等のメモ

CentOS6にPHP5.5をyumでインストール

Yumリポジトリ追加(EPELとRemiリポジトリを追加)

EPELリポジトリ
[CentOS6系]
yum install epel-release

※EPELは既に入ってた

[CentOS6系]
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm


現在のPHPバージョンを確認
rpm -qa | grep php

php-common-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-gd-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-pdo-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-mbstring-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-cli-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-mysql-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
と表示された。


既に古いバージョンがインストール済みの場合、削除しなくてもアップデートされるが、一応消しておく。
yum remove php-*

php5.5をインストール
yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php55 php php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysql

phpのバージョンを確認
php --version


php.iniを編集
vim /etc/php.ini
/;error_log = php_erros.log で検索

;error_log = php_erros.log

error_logs = /var/log/php_erros.log

date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.detect_order = auto

expose_php = on

expose_php = off

設定を保存
:wq


設定を反映
service httpd restart