色々でべろっぷ

WordPress、サーバー構築、プログラム等のメモ

実行可能JARの作り方と実行の仕方

Eclipse
ファイル->エクスポートを実行
Javaを展開し、実行可能JARファイルを選択
次に、実行可能JARファイルの仕様についての設定画面が表示される
起動構成は、クラス名 ? プロジェクト名の形式で、プルダウンが表示されるので、
JARファイルにしたいクラスを選択
エクスポート先は、JARファイルの保存先を指定
ライブラリー処理は、プログラムが動作するのに必要なライブラリ類を、
JARファイルに含めてしまうか、外部に出力しておき読み込むか等設定ができる
お手軽のなのが、真ん中にある「生成されるJARに必須ライブラリーをパッケージ」
これは、生成するJARのなかに必要なライブラリーを全てパッケージしてくれる
一つのJARファイルにまとまることと、別途ライブラリーを配置し、クラスパスに指定する手間が省ける
入力完了後、完了ボタンをクリックすると、指定した場所にJARファイルが作成
実行はコマンドプロンプト
JARファイルを実行するには、jar オプションを付けなければいけない

java -jar hoge.jar


ーーーーー続きーーーーー
関連付けが正しく行われていれば、jarファイルをダブルクリックするだけで
Javaのプログラムを実行することができる

しかし、環境によっていは拡張子jarが解凍ツールに関連付けられており、
デスクトップに解凍されてしまうことがある

以下exeファイルでjarラップし、この現象を回避するテクニック

Launch4j ? Cross-platform Java executable wrapper
http://launch4j.sourceforge.net/
これを使用して、jarファイルをexeでラップ

↑の実行可能jarを用意
例) hoge.jar

1)プログラム>launch4j

2)Basicタブ
Output file:出力するexeのファイル
Jar:exeでラップするjarファイル

3)JREタブ
Min JRE version。
例)1.4.2
3桁の指定が必要で、「1.4」ではエラー

4)指定を終えたら、ツールバーの歯車「Build wrapper」をクリック
設定ファイルを保存していない場合は、保存先を尋ねられる
適当に指定して保存

完了