読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々でべろっぷ

WordPress、サーバー構築、プログラム等のメモ

Postfix(メール送信サーバー)設定

インストール
yum -y install postfix

Postfixに関する設定ファイルを編集
vi /etc/postfix/main.cf


1)myhostnameの項目とmydomainの項目にホスト名とドメイン名を設定

# INTERNET HOST AND DOMAIN NAMES
#
# The myhostname parameter specifies the internet hostname of this
# mail system. The default is to use the fully-qualified domain name
# from gethostname(). $myhostname is used as a default value for many
# other configuration parameters.
#
#myhostname = host.domain.tld
#myhostname = virtual.domain.tld
myhostname = example.com
# The mydomain parameter specifies the local internet domain name.
# The default is to use $myhostname minus the first component.
# $mydomain is used as a default value for many other configuration
# parameters.
#
#mydomain = domain.tld
mydomain = example.com


2)inet_interfacesの項目に利用するインタフェースを設定
「inet_interfaces = all」の行頭にある#を削除して、この行を有効にする
さらに、「inet_interfaces = localhost」の行頭に#を追加し、この行を無効にする

# The inet_interfaces parameter specifies the network interface
# addresses that this mail system receives mail on. By default,
# the software claims all active interfaces on the machine. The
# parameter also controls delivery of mail to user@[ip.address].
#
# See also the proxy_interfaces parameter, for network addresses that
# are forwarded to us via a proxy or network address translator.
#
# Note: you need to stop/start Postfix when this parameter changes.
#
inet_interfaces = all (行頭 # を削除)
#inet_interfaces = $myhostname
#inet_interfaces = $myhostname, localhost
#inet_interfaces = localhost (行頭に # を追加)


3)IPv6に未対応の為、以下の設定

# Enable IPv4, and IPv6 if supported
#inet_protocols = all
inet_protocols = ipv4


4)スプールをMaildir形式に指定

# “Maildir/” for qmail-style delivery (the / is required).
#
#home_mailbox = Mailbox
home_mailbox = Maildir/ (行頭 # を削除


5)メール送信用サーバーとして使用できるようにする為、SMTP認証の設定をする
ファイルの末尾に以下の3行を追加

smtpd_sasl_auth_enable = yes
broken_sasl_auth_clients = yes
smtpd_recipient_restrictions = permit_sasl_authenticated, reject_unauth_destination

設定を保存
:wq



CRAM-MD5方式によるSMTP認証を行う場合
vi /etc/sasl2/smtpd.conf

pwcheck_method: saslauthd
mech_list: plain login cram-md5 (パラメータを追記)

設定を保存
:wq

CRAM-MD5認証用のアカウント作成
CRAM-MD5認証用のアカウント・パスワードは、SSHFTPPOP3・IMAP4の認証時に参照される情報とは別に管理されるため、
管理者アカウント・ユーザアカウントのパスワードとは別にCRAM-MD5認証用のアカウントとパスワードを作成する必要がある
saslpasswd2 -u ホスト名 アカウント名
Password: (パスワード)
Again (for verification): (パスワード)

例)saslpasswd2 -u example.com hoge

作成した認証用アカウント情報をPostfixが参照できるように、以下のコマンドを実行します。
chown postfix /etc/sasldb2

Postfixの起動
コンソールに service postfix start と service saslauthd start を入力し、
Postfixと送信時認証に使うsaslauthdを起動させる
また、サーバーの再起動時に自動起動するよう設定
service postfix start (Postfixの起動)
chkconfig postfix on (Postfix自動起動設定)
service saslauthd start (saslauthdの起動)
chkconfig saslauthd on (saslauthdの自動起動設定)



メール送信コマンド
mail -s 題名 送信先アドレス
例)mail -s testmail hoge@gmail.com
test[エンター]
.[エンター]
メッセージ入力して「.」が終了