読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々でべろっぷ

WordPress、サーバー構築、プログラム等のメモ

EC-CUBE3インストール(Linux

あらかじめMySQLEC-CUBE用のデータベースとユーザーを作成
mysql> create database DB名;
mysql> grant all privileges on DB名.* to ユーザー名前@localhost identified by "パスワード";



http://www.ec-cube.net/
からeccube-3.0.12.zip取得


/var/www/html/ec 以下にeccube-3.0.12.zipの解凍した中身を入れる

/var/www/html/ec
  /app
  /src
  /...

アクセス権とか設定
chown -R apache:apache /var/www/html/ec
chmod -R 775 /var/www/html/ec


https://rez-players.com/ec/html/install.php
にアクセス

エラー
[必須] zip 拡張モジュールが有効になっていません

yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php-pear
yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php-devel
pecl install zip


php.iniに追記
extension=zip.so


/etc/init.d/httpd restart



https://rez-players.com/ec/html/install.php/
step3
あなたの店名
 レゾナンス商店
メールアドレス
 ******
管理画面ログインID
 ******
管理画面パスワード
 ******
管理画面のディレクトリ名
 ******
SSL経由に制限
 チェック
IP制限
 入力無し
オプション
 デフォルトのまま


step4
DB種類
 MYSQL
DBサーバーIP
 localhost
DBサーバーポート番号
 入力無し
DB名
 ******
DBユーザー名
 ******
パスワード
 ******


インストール完了

404エラー!

ドメイン名/EC-CUBEをインストールしたディレクトリ/html/index.php/管理画面に設定したディレクトリ名/」
という形で「index.php」を挟むと表示される場合、リダイレクトが有効でない


vim /etc/httpd/conf/httpd.conf
下記追加

<Directory "/var/www/html/ec">
    AllowOverride All
</Directory>

service httpd restart

https://rez-players.com/ec/html/admin/
で管理画面でたら成功


最後に
install.php
削除

CentOS6にPHP7をyumでインストール

Yumリポジトリ追加(EPELとRemiリポジトリを追加)

EPELリポジトリ
[CentOS6系]
yum install epel-release

※EPELは既に入ってた

[CentOS6系]
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm


現在のPHPバージョンを確認
rpm -qa | grep php


既に古いバージョンがインストール済みの場合、削除しなくてもアップデートされるが、一応消しておく。
yum remove php-*


PHP7.0をインストール
yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php php-mysqlnd php-gd php-xml php-xmlrpc php-mbstring php-mcrypt php-fpm php-opcache php-apcu -y


インストール結果確認
rpm -qa | grep php
php --version


php.iniを編集
vim /etc/php.ini
/;error_log = php_erros.log で検索

;error_log = php_erros.log

error_logs = /var/log/php_erros.log

date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.detect_order = auto

expose_php = on

expose_php = off

設定を保存
:wq


設定を反映
service httpd restart

CentOS6にPHP5.5をyumでインストール

Yumリポジトリ追加(EPELとRemiリポジトリを追加)

EPELリポジトリ
[CentOS6系]
yum install epel-release

※EPELは既に入ってた

[CentOS6系]
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm


現在のPHPバージョンを確認
rpm -qa | grep php

php-common-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-gd-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-pdo-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-mbstring-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-cli-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
php-mysql-5.3.3-46.el6_7.1.x86_64
と表示された。


既に古いバージョンがインストール済みの場合、削除しなくてもアップデートされるが、一応消しておく。
yum remove php-*

php5.5をインストール
yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php55 php php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysql

phpのバージョンを確認
php --version


php.iniを編集
vim /etc/php.ini
/;error_log = php_erros.log で検索

;error_log = php_erros.log

error_logs = /var/log/php_erros.log

date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.detect_order = auto

expose_php = on

expose_php = off

設定を保存
:wq


設定を反映
service httpd restart

MYSQL 外部ホストから接続許可する

http://tm.root-n.com/database:mysql:setup:allow_connect_remote_host

ロカールでパーマリンク変更したWPブログをサーバーに丸ごとアップしたら404エラー

/etc/httpd/conf/httpd.confファイルの設定

コメントついてたら外す
LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so

下記追加

<Directory "/var/www/html/resonance">
    AllowOverride All
</Directory>

.htaccessに下記追加

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /resonance/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /resonance/index.php [L]
</IfModule>

UTF8N(UTF8のBOM無という意味)で保存
(※ファイル内に日本語入ってないと保存しないので適当に「あ」とかコメント内に書いておく)



以下のエラー発生
ssl_error_log
PHP Fatal error: Allowed memory size of 41943040 bytes exhausted

.htaccess を修正する
php_value memory_limit 64M

Wordpressで独自エラーログ出力

タイムゾーンを日本設定にする
これしないとログファイルのタイムスタンプがUTCになる
wp-setting.php
date_default_timezone_set( 'Asia/Tokyo' );


wp-config.php
/* エラーログ設定 */
ini_set('display_errors', 0);
ini_set("log_errors", 1);
/*ini_set("error_log", "/var/log/php_wp_error.log");*/ //サーバーの時はこれ有効に
ini_set("error_log", "C:/xampp/apache/logs/php_wp_error.log"); //ローカル時はこれ
define('WP_DEBUG', false); //デフォルトのログ出力ではない


出力はこれ
error_log($errmsg);

ローカル(XAMPP)のresonanceWEBをサーバーにコピーする

ローカルDBからエクスポート
XAMPPコンパネからPHPmyadmin起動
ローカル環境設定をサーバー側設定に戻す
rez_options」を選択
「option_name」フィールドの値が「siteurl」となっているレコードの「option_value」を編集
「home」レコードの「option_value」も

変更前
https://localhost/resonance
変更後
https://rez-players.com/resonance

デフォルト設定でエクスポート
この際DBが選択されてる確認する
ファイル名は「DB名.sql
SQLファイル内の『utf8mb4』を『utf8』に置換する必要があり





サーバーにアップロード
DB
エクスポートしたSQLファイルをサバ側にアップしておく
DBのテーブル全部削除しておく
テーブル残ってるとインポート失敗する
mysql -u root -p rezdb < SQLファイル名

WP
resonanceディレクトリをアップしておく
※このさい鯖側のrezonanceディレクトリは名前変更しとく
※wp-config.phpは鯖側オリジナルのものに戻しておくこと

アクセス権とか戻しておく
chown -R apache:apache /var/www/html
chmod -R 775 /var/www/html

chown -R apache.apache .htaccess
chmod 404 .htaccess

chown -R apache.apache wp-config.php
chmod 400 wp-config.php

再起動(いらないかも
/etc/init.d/httpd restart

サーバーのresonanceWEBをローカル(XAMPP)にコピーする

■XAMPPインストール
https://www.apachefriends.org/jp/index.html から取得
BitNamiのとこだけoffしてインストール

「スタートボタン」→「XAMPP」→「XAMPP Control Panel」
apache 起動できない場合>コンパネ左のぽっちを押してアンインストール。そのあとインストールし直す。
mysql 同じ


まずはブラウザに「http://localhost」と入力して開く
上部のPHPinfo>表示された画面で、「xampp\php\php.ini」で検索

ここで検索された「php.ini」ファイルをテキストエディタで開き、
さらにファイル上で「extension=php_openssl.dll」で検索。
ここで、「;extension=php_openssl.dll」の中で「;」を削除して、上書き保存してファイルを閉じ。

apache再起動する


■サーバー側作業
サーバー側でこのままだとコピーできないファイルのアクセス権変更
※元に戻すの忘れない
chmod 777 /var/www/html/resonance/wp-config.php
chmod 777 /var/www/html/resonance/.htaccess

DBエクスポート
mysqldump -u root -p rezdb > rez160702.sql

■Win側作業
WinSCP
/var/www/html/resonance以下をダウンロード


XAMPPコンパネ>MysqlphpMyAdmin
テーブル名:rezdb
照合順序:utf8_unicode_ci
でデーターベース作成
インポート(文字セットがUTF-8になってること確認)


DB変更 ローカル環境に合わせてURLを調整
rez_options」を選択
「option_name」フィールドの値が「siteurl」となっているレコードの「option_value」を編集
変更前
https://rez-players.com/resonance
変更後
https://localhost/resonance

「home」レコードの「option_value」も
変更前
https://rez-players.com/resonance
変更後
https://localhost/resonance



WordPressファイルの設置・設定
上でダウンロードしたresonanceディレクトリを
「C:\xampp\htdocs\」へフォルダを移動

フォルダの中にある「wp-config.php」を開いて22行目あたり

/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘rezdb’);

/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘root’);

/** MySQL のパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘’);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

※ローカル環境用に設定した「wp-config.php」も一緒にアップロードすると、サーバ側でデータベース接続エラーになる。
事故を防ぐためにサーバに元々あったオリジナルフィルを「wp-config_original.php」などと改名して同じフォルダに取っておく。

https://localhost/resonance/
にアクセスして成功だったらOK

Git管理をやめる

ディレクトリ内の管理ディレクトリを削除
.git